亜鉛不足に対して、摂取すべき亜鉛サプリメントの摂取量や目安、効果が出るまでの時間など

食生活の乱れから亜鉛不足になる方が増えています。

亜鉛不足は、私たちの身体に様々な影響を与えてしまいます。

そこで、手軽に利用できる亜鉛サプリメントについて調べました。

亜鉛サプリメントを利用する時の注意点や副作用についてまとめましのたで、ご紹介します。

亜鉛不足に対して、摂取すべき亜鉛サプリメントの摂取量や目安、効果が出るまでの時間など

亜鉛は人の生活において、様々な働きをする必須ミネラルの一つです。

必須ミネラルの中でも亜鉛は特に不足しやすく、不足すると様々な欠乏症を発症する原因になります。

亜鉛の1日の目安となる摂取量は、成人男性で10㎎、成人女性で8㎎とされます。

亜鉛は、いろんな食材や飲み物に含まれています。

しかし、含有量や吸収率が低く、意識しないとすぐに不足してしまいます。

 

体内での亜鉛の働き

亜鉛の働きとしては、人の体において細胞分裂コラーゲンの生成などが挙げられます。

そのため、亜鉛不足に陥ると、様々な欠乏症が発症してしまいます。

主な亜鉛欠乏症としては、味覚障害性機能の低下、貧血や肌荒れなどが挙げられます。

特に不妊対策を行っている男性や、妊娠中の女性は特に意識して亜鉛を摂取する必要があります。

また、亜鉛はアルコールの分解の際にも必要となるので、普段からアルコールをよく摂取する人は、慢性的に亜鉛不足に陥りやすくなるので注意しましょう。

 

体への吸収率を高めた亜鉛サプリメントが販売されています

亜鉛の1日の目安となる摂取量をクリアするには、大粒の牡蠣を男性なら4~5粒、女性なら2~3粒程度食べれば良いです。

しかし、毎日のように牡蠣を食べることは困難なので、亜鉛サプリメントなどで補うと効果的です。

亜鉛は体に吸収されにくい性質を持ちますが、最近では体への吸収率を高めるような加工がなされた亜鉛サプリメントも販売されています。

また、効果が出るまでの時間持続時間については個人差があります。

一週間程度で効果が出る人もいれば、数ヵ月続けてやっと効果が出る人もいます。

そのため、効果が出るまでの時間はあまり気にしない方が良いでしょう。

大切なことは継続させることです。

食事で補うことはもちろんのこと、特に亜鉛サプリメントなどを用いて補う場合には、過剰摂取だけには十分気をつけるようにしましょう。

 

亜鉛不足を補う亜鉛サプリメントの注意点はセレンなどの過剰摂取による副作用

亜鉛という成分は、細胞が分裂する働きを促して代謝を促進させたり、アルコールを無毒化する酵素の作用を支援したりします。

また、免疫力を上げたり、血糖値を抑えたりといった健康な生活を送るための身体の働きに関わっています。

亜鉛は身体の中で生成されないので、食事で補給する必要があります。

しかし、亜鉛は身体の中に吸収されにくい性質のため、亜鉛不足の状態になりやすいです。

そのため、亜鉛サプリメントの利用が効率的です。

 

亜鉛サプリメントは用法や用量を守って摂取しましょう

亜鉛サプリメントは適切なものを選び、用法用量を守って毎日定期的に摂取することが重要になります。

市販されている亜鉛サプリメントの中には、亜鉛だけでなくセレンクロムが一緒に配合されていることがあります。

セレンとクロムは、日本人の通常の食事で不足することはないと言われています。

必要以上の量のセレンやクロムが、抜け毛を引き起こしたり、筋肉がけいれんしたり、下痢になったりする副作用を引き起こすことがあります。

そのため、サプリメントに記載されている用法や用量を必ず守ることが大切です。

必要以上に摂取しても効果が高まる性質はありません。

亜鉛不足の状態を防ぐことによって、はじめて亜鉛の効果を得ることができるようになります。

成分と価格を徹底比較!亜鉛サプリ総合ランキング

▼納得の成分・安心な亜鉛サプリを選びたいなら♪▼>>亜鉛サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<